電気自動車のクラクション

改造車を売ろう!専門店を探そう!

MENU

電気自動車のクラクション

アウトランダーPHEVやアイミーブ、リーフといった電気自動車からプリウス、アクアといったハイブリッド車まで、モーターで動くときには車内にいる人にとっても快適な静粛性を実現してくれます。

 

ただし、車の近くを歩いている人にとっては静かすぎて車に気がつかないので危険、と言われています。

 

そこで、歩行者に対して自転車のチャイムのような音を出せないか?という意見もあるみたいです(クラクションだと音が大きすぎるし、びっくりしてしまいますから)。

 

これに対して国交省は「不正改造につながるからダメ」というスタンスらしいです。

 

暴走族みたいな車やバイクがつけている、やたらとけたたましい音をだす不正改造につながると考えているみたいですが、普通に考えると「なぜチャイムの後付けが不正改造につながるの?」と思ってしまいます。

 

それだったら、音の種類や音量を法律で規制すればいいだけのことのように思えますが、それではダメなのでしょうか。

 

モーター走行時の事故が増えてから、マスコミや国会で取り上げられてからようやく重い腰を上げる、ということになるのかもしれません。

 

改造と聞くとどうしても悪いイメージにつながってしまうので、いっそのこと「これは改造用パーツではなく、改良用のパーツです」と言い続ければ世の中のイメージも変わりませんかね?