男女の改造の違い

改造車を売ろう!専門店を探そう!

MENU

男女の改造の違い

何かしら「いじってある」車を見ると、その見た目から持ち主が男性か女性か大体わかります。

 

大きく分けると、見た目では、外装に力を入れているのは男性で、内装に力を入れているのは女性。

 

あと、マフラーを交換するのは大抵は男性ですね。

 

中には女性でもいわゆる「走り」の性能を改造する人がいますが、おそらくかなり少数派ですね。

 

男性の改造の場合は、エアロパーツやリアウイングを取り付けたり、マフラーを交換したりと、いかにも「男っぽい」改造になります。

 

これに対して女性の場合には、内装が「かわいい系」になっていて、改造というよりはドレスアップといった感じですね。

 

最近だとLEDを使ったドレスアップも女性に増えているような気がします。

 

ただ、偏見かもしれませんが、女性が車を改造していると、特定の歌手のトレードマークとなっているシールが貼られている確率がかなり高いと思いますが、あれってなぜでしょうね?

 

男性でも矢○永○さんのトレードマークとなっている、角張ったフォントで「○A○A○A」と書かれたシールを貼っている車もよく見ますね。特にトラックで。

 

こうして見ると車を改造する人って、いくつかのグループがあるとはいえ、なんとなく似たような感性の人達が多そうです。