プリウスを改造してプラグイン化

改造車を売ろう!専門店を探そう!

MENU

プリウスを改造してプラグイン化

たまたま見つけたものですが、アメリカのPICC社という会社が旧モデルのプリウスをプラグインに改造するための改造キットを販売しています。

 

最高時速112km/hで約40kmをモーターだけで走行可能とのこと。

 

キットの内容はバッテリーの性能アップがメインということで、要するにバッテリーを増やしてしまえという、ある意味で強引な方法で、バッテリー容量を純正の1.3kWhから6.1kWhに増量しています。

 

家庭用120Vコンセントから急速充電だと約2時間で充電できるとのこと。

 

ただし、おそらくは電池がほとんどを占めていると思いますが、その価格は3年保証込みで100万円以上。

 

いくら燃費がよくなるとはいっても、改造にこれだけかかってしまうと、費用対効果として考えるとあまり意味は無さそうですね。

 

さすがに燃費が良くなることで100万円以上を節約するのはかなり難しいでしょう。

 

ちなみに、日本の会社も同じようなプリウスの改造キットを開発しているところがあります。

 

ただし、旧モデルのプリウス用改造キットの販売台数が60台ということで、事業として成り立ったのかどうかは不明です。

 

現行モデルのプリウス用の改造キットを開発するとアナウンスしたものの、その後諸般の事情により開発が中止になったと発表されました。

 

これまでは車の改造というとあまり良いイメージはありませんでしたが、これからはこういった環境対策としての改造が増えるかもしれませんね。